マイホームを購入するときに注文住宅を選ぶ人が増えていますが、これを選びたいと考えるのであれば事前に長所と短所を含めた特徴を知っておくことが大切だと言えます。注文住宅を購入する場合は、建売住宅と違ってオーダーメイドで家を作ることができる点が大きな魅力です。建売住宅の場合は既に完成した建物に住むことになり、間取りやデザインなどを自分たちで選ぶことができませんが、注文住宅であれば間取りやデザインなどの全てに購入者の意見を反映させることができます。理想的なデザインや設計の住まいを求めるのであれば、こちらの住宅を購入することがおすすめだと言えるでしょう。

注文住宅の長所と短所について説明する女性設計などを自分たちで考えるのは大変だと思うかもしれませんが、ハウスメーカーのスタッフから提案を受けながらアイデアをまとめていくことができます。これまでの住まいに対する不満やこれからの住まいに対する理想、家族構成やライフスタイル、趣味などの様々なことについてヒアリングが行われ、そこから提案してもらうこともできるでしょう。アイデアがある場合はもちろんですが、まだ何となくのイメージしか持っていないというケースでも、スタッフにサポートしてもらいながら理想を形にしていくことができます。ハウスメーカースタッフの提案力やサポート力が重要であり、住友林業などの大手ハウスメーカーは口コミでも提案力やサポート力が高いことで評判が良いので安心です。

注文住宅は理想的な住まいを作れることが大きな魅力ですが、建売よりも値段が高いことが多く、打ち合わせや建築に時間がかかるので完成が遅いなどの短所があるでしょう。同じものをたくさん作る建売住宅と違って、設計から始めるのでどうしても費用は高くなってしまいます。建売住宅は契約が完了して引き渡し準備が完了すればすぐに住めますが、注文住宅は打ち合わせの段階も含めると完成までに1年から1年半ほどの期間がかかるはずです。納得のいく形に仕上げるために丁寧な打ち合わせが必要ですし、これまでに作ったことのない図面で建築するわけですから仕方がないことですが、急いで引っ越したい場合には向いていません。

このような長所と短所があるので、マイホームの購入を検討するときにはこれを踏まえた上で注文住宅にするか建売住宅にするか決めると良いでしょう。時間や費用がかかってもデザインや間取りにこだわりたい、オリジナリティのある家に住みたいと考える場合は注文住宅がおすすめだと言えます。

関連記事はこちら