注文住宅は完成までにたくさんのステップを踏むことになるので、このタイプの住宅の建築を検討するのであれば、あらかじめ購入までのステップを確認しておくことが大切だと言えます。これを詳しく知らなければ、早めに考えておかなければならないことを後回しにしてしまうなど、スムーズに進めることができなくなるので注意しておきましょう。

まずは家族で家作りについて話し合いを行い、見学会に行ったり依頼する会社を探したりする必要があります。何となくのイメージを持つことができたのであれば資金計画を立て、毎月いくらなら無理なくローンを返済することができるかを考えましょう。資金計画を立てることで購入できる住宅の価格が決まってくるので、建築会社に相談に行く前に資金計画を立てておくことが望ましいです。マイホーム資金の計画を立てることができたのであれば、依頼したい会社を3社ほどに絞って相談を行いましょう。

依頼したい会社と打ち合わせを行うことになりますが、ここでは理想の間取りやデザイン、設備などを決めて見積もりを出してもらいます。出してもらった見積もりや設計をもとに依頼する会社を決定し、工事請負契約を締結してください。このときには再度設計の練り直しを行うことが多く、最終的な見積もりを出すために打ち合わせを行います。これと同時に住宅ローンの申し込みを行う必要がありますが、着工金や中間金が必要な場合もあるので、施工会社に支払いについて確認してから融資を決めると良いです。話がまとまったら工事が開始されるので、後は依頼した会社に任せれば良いですが、着工時には地鎮祭という建築予定の土地のお祓いや住む人の幸せを願う儀式に参加することになると知っておきましょう。

工事期間中は検査や打ち合わせのために現場に立ち会うこともあれば、第三者機関がチェックを行うことで立ち会いは不要となっている場合もあります。基礎が完成したら棟木を上げるときに行われる上棟式を執り行われ、さらに工事が進められるでしょう。完成したら建物のチェックなどを行い、鍵を受け取って引き渡しが完了するので、引き渡しが完了すればいつでも入居することができます。

このようなスケジュールで注文住宅を購入することになるので、あらかじめ詳しい段取りを知っておき、スムーズにマイホームを手に入れることができるようにしておきましょう。どのステップも重要なものばかりで確実に進めていく必要があるので、いい加減なステップで進めてしまうことがないようにしておくことが大切です。

関連記事はこちら